suusan2号の戯れ

SIerでインフラSE⇛WEB系でエンジニアのおっさん

「ヨチヨチ父」という本を読んだ

ヨチヨチ父という本を読んだ。

ヨチヨチ父 とまどう日々

ヨチヨチ父 とまどう日々

これ今気がついたんだけど、「もうぬげない」と同じ作者だったんだなぁ。

もう ぬげない

もう ぬげない

きっかけ

たまたま書店で見かけてちょっと立ち読みしたら凄く共感することが多くて、衝動買いしてしまった。 いい本見つけたなーと思ったんだけど、うちの奥さん曰く結構話題になっていたらしい。

どんな本?

父親の目線で育児について書かれているエッセイ集?みたいな本。

よかったところ

母親の人が書いた育児マンガやエッセイは結構色んなものが出てる気がするけど、父親目線で書かれている本って意外とない(主観です)。この本で父親目線で書かれているエピソードや思いはとても共感することが多くて、読んでいると子供が生まれてからこれまでの嬉しかったこと辛かったことが思い起こされて、結構ぐっと来た。

特に、育児における父親の大変さを書いてくれているところが凄く良くて、自分以外の父親も子供が生まれてからの環境の変化に対して戸惑っているし、同じように大変なんだということが分かった。それを知ることができただけでも、なんていうか心が軽くなった感じがする。

もしかすると、子供が産まれる前に読んでもあんまりピンとこないかもしれない。 子供が生まれてからの環境の変化に戸惑って、疲れて、モヤモヤしているお父さん方におすすめしたいなー。