suusan2号の戯れ

SIerでインフラSE⇛WEB系でエンジニアのおっさん

最近Golangを触っている話

今更ながら趣味でGolangを触り始めた。家庭内アプリ用のAPIサーバとしてGolangを絶賛書いている。アプリはReact Nativeで書いていて、それはまた別の機会に書くことにしよう。

実は一年前くらいにもちょっと触っていて以下のような本を読みつつ、簡単なアプリケーションを作ろうとしていた。

Go言語によるWebアプリケーション開発

Go言語によるWebアプリケーション開発

スターティングGo言語 (CodeZine BOOKS)

スターティングGo言語 (CodeZine BOOKS)

が、ちょうど仕事が忙しくなる時期と重なってしまったり若干モチベーションが落ちてしまったので、最近まではRailsにずっぷりだった。

Golang楽しい

一年ぶりに触り直してるんだけどとても楽しい。前回多少学習していたという貯金が効いている説、この1年で自分が成長している説などあるけど、明らかに前回触ったときより楽しい。 具体的には以下の辺が。

  • gofmt、golint… などで書き方をかなり強制されるので迷わず書ける。
  • ので、どうロジックを書くかといった部分に集中できる。
  • フルスタックなWAFのようなものはないので、自分で色々設計について考えられる(考えなければいけない)
  • (これは完全に自分の個人的な感想)ちょっと書く行を減らすためのハックより、愚直に書くことが好ましい雰囲気があるきがしていて、愚直に書けばいいやーという気持ちになる
  • 「それ標準パッケージでできるよ?」といったマッチョな思想があるきがしていて、ベストプラクティスを追い求めなくてよい(と、いいつつ、 echogorm を使っているけど…)

ここからは静的言語ならどれでもそうなんですが

  • コンパイルが通れば、大体動くという安心感
  • エディタ上で型、引き数が補完されるので、一々リファレンス眺めなくてよい

SIでJavaやってたときも同じメリットはあったはずなんだけど、全然思い出せないし楽しいと思ったことあんまりないな。なぜだ。

なぜ一年前はあんまり楽しくなれなかったのか

たぶんGolangRubyっぽいことやろうとしていた。Golangにはクラスがなくて構造体しかない。で、構造体を利用して、オブジェクト志向っぽく書く方法はいくつかあるにはあるけど、Rubyと同じような作りで書けるわけではない。なのに一年前はRuby(というかRails)のような書き方をしようとして、色々調べた結果うまく書けずそこでやる気が失われてしまった部分はあると思う。

Goに入ればGoに従え

今回はアプリケーションを書き始める前に、GitHubでいくつかrepositoryを見てみたり、いくつかブログを読んだりして、みんなどんな書き方をしているのか見て回っていた。そのおかげで、Golangではどう書くのかーというところをある程度インップットできたと思う。GolangGolangらしく書くことで、楽しくなったきた気がする。

Golangからの学び

Golangで今更ながら型の有り難みを噛みしめるようになった。エディタの型補完や、コンパイルが通ったときの安心感とか。 型のある言語からRuby/Railsに来た人が「型がないのが怖い」的なことを言う理由がちょっと分かった。自分がJava => Ruby に行った時には型がなくて怖いなんてことは思わなかったんだけど何で今更こんな感覚を持っているんだろうな・・・。Golangで書くようになって、インターフェース的なものを前より意識してプログラミング書くようになった気がする。

React NativeでJS書くときもflowをちゃんと使うようになった(前は使っていたけど面倒になってやめてしまった・・)。ライブラリの選定も「これくらいなら自分で書けばいいかー」という思想になってきた。

まとめ

お気づきの通り、Goに入ればGoに従え を言いたかっただけの記事です